営業支援のシステムを使う仕事に転職しました

ツールとは道具、道具を持っていても使いこなせなければ何の意味もありませんね。友人は製薬会社の営業になって早20年、週休2日は何とか守れる生活をしているようですが、それなりにお付き合いで仕事が終わってもお付き合いを遂行する必要があるようで、終電で帰宅する事もしばしばで、奥様も玄関先で仁王立ちして待ち構えているらしい。仕事と家庭の板挟みは本当に辛いよね、同情します。そんな彼には意味深長な人材的営業支援は必要ないらしいのですが、やはりラップトップ型パソコンと営業のシステムは営業支援として不可欠だと言います。新薬の宣伝はマーケティングには必要不可欠で、それなりの知識は頭の中に入れておく必要がありますが、なにか分からない事を質問された時などは営業支援のツールを使いこなしてアンサーを導き出すことも必要でしょう。そんなソフトの営業支援を受けながら一生懸命家族を支えるために外回りをこなす彼は実はお酒は一滴も飲めない下戸中の下戸。※ここも参考になります