テレワークを導入するメリットと難しさ

これまで日本の社会になかった物と言えば、新型コロナウイルスとテレワークだと思います。
緊急事態宣言が終わった後でもテレワークを続けている企業も多く、新型コロナウイルスのワクチンの開発が完了し、新型コロナウイルスの影響が無くなるまでは、テレワークに頼った働き方が求められる可能性が高くなっております。

テレワークは、これまで日本になかった働き方になりますので、どうしても難しい部分が出てきます。
特に業務管理などに頭を悩ませている企業が多くなっております。
特に日本は欧米のような成果主義ではなく、出社し頑張っている所を見せることで評価されるような体制となっておりますので正当な評価が難しいと言えます。
その為、従業員の中には評価がされにくいといった不満もあるようです。

また、新型コロナウイルスによって人的リソースに余裕がなくなっている企業などは、積極的にRobotic Process Automationサービスを導入し、限られた人材を有効活用しようとする動きが出ております。
特に人材派遣会社などでは、HRコボット for 応募対応などを積極的に導入し、テレワークであっても従来と同じレベルで面談を行う事ができるようになりました。
新型コロナウイルスによる影響は収まっておりません。
ステイコロナという言葉があるように、こういった状況下だからこそ最善の働き方を模索する必要があるのです。