アメリカ合衆国には既に深く浸透しているビットコイン

ビットコインが通貨として注目されていることは有名です。
ただ、日本国内ではまだまだ円が主要な通貨として見なされている状況であるため、注目されているとは言っても、利用できる場所が近くにある一部の人達の間で流行しているだけなのではないか、と考えている方も多いのではないでしょうか。
でも、海外、特にアメリカ合衆国に目を向けてみると、この通貨が予想以上に浸透してることが分かります。
アメリカ合衆国でも国の主要な通貨はドルだとしているものの、テキサス州などの一部の都市では司法的に通貨として認める姿勢も見られるのです。
それに伴い、この通貨が利用できる場所もどんどん拡大しています。
具体的には、アメリカ合衆国内のインターネットショッピングサイトのほとんどでこの通貨による支払いが可能となっている他、街中にはこの通貨で物品を購入できるATMや自動販売機、飲食店なども多数存在しているのです。
これだけ使える場所が拡大していれば、この通貨だけを利用して日常生活を送ることも十分に可能でしょう。
ニューヨークの証券取引所近くにはビットコインの専門施設も建てられており、施設内では、この通貨の価格をリアルタイムで確認したり、通貨の仕組みなどを勉強したりすることもできます。
アメリカ合衆国の人々の暮らしに、ビットコインは深く根付きつつあるのです。合わせて読みたい情報:CLICK HERE