水素濃度の基礎知識

水素水というものが医学的にも注目され、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
水というのはわたしたちの身体を作っている基本でもあり、なければ困るものでもあります。
しかし、通常の水を飲むよりも水素濃度の高い水を飲むほうが身体にいいといわれていますが、実際のところはどうなのか疑問に思ったことはありませんか?
そもそも、水素濃度とはなんなのかというところから見ていきましょう。
単位としてはppmというものが使われており、これは量ではなく割合を表しているものです。
常温と常圧における水素飽和濃度はおよそ1.6ppmといわれています。
つまり、水素関連の商品でそれ以上の記載がされている商品は誇大広告といえます。
では、なぜ水素水がこれまで大きく期待されているのかを見ましょう。
わたしたちの身体が老化したり病気になる原因が活性酸素だと言われています。
水素水にはこの活性酸素を除去する働きがあるということがわかっています。
水素には酸化物から酸素を奪うことで還元する働きがあるとされているからです。
水素水を一般の家庭でも飲むことは、サーバーを使うことで可能になりました。
冷水とお湯がいつでも出てくるので気軽に飲むことができるのです。
http://suiso-waters.com/