紫外線から目の粘膜を守るのは夏の課題

肌だけでなくもちろん目の粘膜も例外ではありませんので何かしらの対処をする必要があります。目の粘膜を紫外線から守る方法として有効と言われてるのがUV防止加工がされているサングラスをかける事です。乾きも粘膜を守る有効な手段ですので目の乾きには十分注意をしたい所でもあります。つばの広い帽子をかぶり目に日陰を作るのもUVカットになりますが、紫外線は乱反射してあらゆる角度から目に侵入してきます。それが目に届くのをブロックするためにはやはりサングラスが一番簡単な防護策と言えるかもしれません。日差しが強い時に長時間外出した後は十分目と目の粘膜を休ませる目的も兼ねて、テレビを見たりやパソコンを使う事は控えた方が賢明です。目を休ませるという事は目を閉じて安静にする事、すなわち視力を使わないという事。目を休ませたいけどどうしてもテレビを見たいという時はテレビの位置を工夫してより目に優しい環境を作ると良いでしょう。